【購入後3ヶ月使用】Apple Magic Keyboard使用レビュー(後悔はない!)

ipadでの文字入力を快適にしませんか?

9.7インチipadとMagicKeyboardを愛用している、ろっつです。

MagicKeyboardを3ヶ月間使用してみての感想は、最高!!

ipadでの入力作業やブログ執筆などが快適になります!ipadが簡易ノートPCに変化します!

3ヶ月間使用してみての「良いところ」「悪いところ」「購入前に気になったところ」をまとめてみましたので、ipad用キーボードの購入を検討している方は、是非参考にしてみてください。

Magickeyboardの購入理由

magic-keyboard_02

出先で、PCの代わりにipadを使いたい

最近、外出先で文章を書く機会が増えたのですが、ノートPCは重くて持ち出すのが面倒くさい。かといってスマートフォンだと画面は小さいし打ちづらい。

そこで、ネットサーフィン用に使用していたipadをPCの代わり持ち歩くことに。ただipadだけでは文字入力をスムーズに行えないので、キーボードを購入することに決めました。

せっかく買うのであれば、「デザイン性」と「耐久性」に優れた長く使えるものを購入したいですよね。

キーボードといっても様々な種類がありますが、いろいろと調べてみた結果、ipadの性能を一番発揮できてデザイン性にも優れているのは「Magickeyboard」!ということでMagickeyboardを購入しました。

購入して大正解でした!

Magickeyboardの良いところ

高級感のある外観デザイン(耐久性もgood)

magic-keyboard_07

この高級感!アルミボディに白いキー。一目でApple製品ってわかりますよね。重さは231gと非常に軽いです。

magic-keyboard_11

横から見ると、なだらかな傾斜があり入力しやすくなっています。厚さは 0.41〜1.09 cm となかなか薄く、ipad9.7インチにぴったりのデザイン

magic-keyboard_08

裏面の中央にはエンボス加工されたリンゴマークがあります。(光りません)

四隅には滑り止めがついており安定感抜群です!使っていて水平方向に滑ることはありません。

布団の上でも使いやすい

折り畳み式ではないため、布団の上のような不安定な場所でも、安定して文字を打つことができます。

また、PCだと「ファンに埃が入ってしますかも」と神経質になってしましますが、ipadだと布団の上でも気にせず使用することができます。

キーの配置・大きさがPCと同じで使いやすい。打鍵感もgood。

折り畳み式だとコンパクトな設計にするため、どうしてもキーの幅が狭かったり配置がずれていたりしますが、Magickeyboardは違います。

magic-keyboard_07

mac用キーボード(JIS)ということもあり、普段使用しているwindowsのノートPCとほぼ同じキー配置・大きさのため非常に使いやすい。

普段使用しているPCと同じ感覚で文字を打ちたいのであれば、MagicKeyboardがおすすめです。

また、「英数」キーや「かな」キーで入力言語を快適に切り替えることができます。今、「英数」「かな」どちらの状態かわからなくても、「かな」を押せば「かな」状態になるので、迷うことなくスムーズに切り替えることができ、非常に便利。

ショートカットキーを使用できる

MagicKeyboardには様々なショートカット機能が搭載されていますが、ネットサーフィンでは以下のコマンドがおすすめです。

コマンド 説明
⌘+tab アプリの切り替え
⌘+T 新規タブ立ち上げ(safari)
Ctrl+tab タブの切り替え(safari)
⌘+L URLバーにハイライト(safari)
スペースキー 下にスクロール(safari)
Shift+スペースキー 上にスクロール(safari)
⌘+tab アプリの切り替え(safari)
⌘+[ 戻る(safari)
⌘+] 進む(safari)
⌘+Shift+3 スクリーンショット

F1~F12が便利

意外と便利な物理キー。音量調整や画面の明るさ調整をワンボタンで行うことができます。

文字の切り取りやコピーが簡単

パソコンと同じように、「Ctrl + C」でコピー、「Ctrl + X」で切り取り、「Ctrl + V」で貼付けができるので便利。文字の選択も「Shift + 矢印キー」で簡単に行えるので文字入力が快適です。

MagicKeyboardの悪いところ

折り畳み式キーボードと比べると大きい

折り畳み式のキーボードと比べると大きいです。まあPC用なのでしょうがないですね。

持ち運びは若干不便ですが、打ちやすさが重要なので、私はMagicKeyboardを選択しました。

大きいとはいっても、軽くて薄いので我慢できます、、、

Atokが使えない(かな⇔英数の切り替えができない)

キーボードが「Atok」になっていると、かな入力しかできません!かな⇔英数の切り替えができません!

magic-keyboard_13

これが1番残念なポイント。

現在選択しているキーボードの種類が画面上でわからないため、入力中に「英数」キーを押したとき「あれ?英字に切り替わらない、、、あ、キーボードを切り替えてなかった、、、」となって気づきます。

MagicKeyboardをipadで使用するときは、必ず標準キーボードに切り替えないと、「英数」入力ができないので気を付けましょう。

magic-keyboard_14

切り替えは「Ctrl + スペースキー」。この毎回の切り替えが非常に不便。

appleさん、なんとかなりませんかね。。。

情報バーが常に表示される

magic-keyboard_15

常に表示されるため、気になる。。。

appleさん、設定で消せるといいんだけど、、、

Magickeyboard購入前に気になったところ

ipadで、キーボードは必要なのか

悩みました。PCを持っているのに、わざわざiPadで文字入力をするのか。

と思っておりましたが、買ってみたところ想像以上に便利でした!

私も使用しておりますが、今は妻が一番使用しています。ちょっとした入力作業はiPadのほうが便利ですね

ipadでも使えるのか

問題なく使用できます。純正のボードということもあり、ショートカットも問題なく使用できます。

JIS配列かUS配列か

普段はJIS配列のPCを使用しているので、
安価なキーボードはUS配列。色々な制限があるが、
こちらはJIS配列のまま使用することができる。

慣れている。問題ない。

おまけ(Magickeyboardの開封画像)

apple製品は、開封するときもワクワクしますよね

magic-keyboard_02
magic-keyboard_01
magic-keyboard_03
magic-keyboard_04
magic-keyboard_05
magic-keyboard_06
magic-keyboard_07