【比較】参加してわかった!アンテロープ・キャニオン「アッパー」「ロウアー」おすすめ現地ツアー(体験談)

アンテロープキャニオンTOP
疑問
アンテロープキャニオンに行きたい!調べてみると、アッパーとロウアーの2種類あるみたい、、、何が違うのだろうか?どちらがおすすめなのだろうか?誰か教えて!

という方におすすめの記事です。

今回は、秘境100選にも選ばれている「アンテロープキャニオン」のおすすめツアーについてご紹介いたします。

「アンテロープキャニオン」はラスベガスから、車で約5時間の距離(450km)があり、アクセスの悪い場所にあるにもかかわらず、世界中から多くの観光客が訪れる人気スポットです。

私は、2015年に「アッパーツアー」、2018年に「ロウアーツアー」に参加しました。その時に感じたことなど、体験談をもとに比較してみましたので、ご紹介いたします。

結論。断然、ロウアーツアーがおすすめ

アンテロープキャニオンツアー1

私のおすすめは断然、「ロウアーツアー」です!おすすめする理由は、主に3点あります。

おすすめする理由

  • 楽しい
  • 人が少ない
  • 写真を撮りやすい

ロウアー、アッパーどちらのツアーにも参加しましたが、ロウアーのほうが探検家気分を味わうことができ、わくわくします。そして何といっても楽しい!

カタログ等に掲載されている「レーザービームが差し込む光景」はアッパーツアーで見ることができるため、アッパーの方が人気ではありますが、絶対にロウアーがおすすめです!断言できます!

アッパーはなんといっても、人が多い。。。アッパーの状況はこちらの動画を見るとわかりやすいと思います。

ごちゃごちゃしてませんか?人が多すぎて、秘境感はありません。

ロウアーの状況はこちら

レーザービームを求めてアッパーツアーに参加しがちですが、どちらのツアーにも参加した経験談から言うと、私はロウアーをおすすめします!

アッパーツアーとロウアーツアーの比較

アッパーとロウアーを3つのカテゴリーに分けて比較してみました。

ツアー 通路 人の多さ 高低差
アッパー 双方向 多い なし
ロウアー 一方通行 少ない あり

通路(アッパー:双方向、ロウアー:単方向)

ロウアーのほうが、 「人の映っていない写真」を撮りやすいです。

※アッパーツアーの中でも。フォトツアーを予約すると人の映っていない写真を撮ることが、非常に参加費が通常のツアーの2倍以上かかります。

アッパーツアーの通路は、人が密集している

「入口と出口が同じ」かつ「通路は一本道」のため、行きと帰りのツアーグループがすれ違います。道は狭く人も多いため、写真で見るような秘境感は無く、ごちゃごちゃしています。

ロウアーツアーの通路は、すっきり

入口と出口が違う 「一方通行」の一本道のため、アッパーとは違い人とすれ違うことはありません。幻想的な雰囲気に浸ることができます。

人の多さ(アッパー:多い、ロウアー:少ない)

アッパーツアーは人が多い

レーザービームが差し込む光景をみることができるため、人気で人も多いです。ただ、人が多いため非常にごちゃごちゃしています。以下のような写真はフォトツアー(有料)に参加しないと撮れないと思ったほうがいいです。

アンテロープキャニオンツアー3

ロウアーツアーは人が少ない

タイトルに少ないと書きましたが、人が多い空間もあります。道中に広い空間と狭い空間があり、広い空間は前後のツアーと時間帯が被るため、たくさんの人が密集していますが、ほとんどは一本道の狭い空間を進んで行くため、人が多いと感じることはないと思います。

レーザービームを見ることはできませんが、人が少なくておすすめです。

アンテロープキャニオンツアー4

高低差(ロウアー:あり、アッパー:なし)

アッパーツアーは高低差がなく、子供でも安心

写真のような 地上の岩と岩の間を進んでいくため、高低差はありません。平坦な一本道を進んでいきます。地面は砂で歩きづらいですが安心してツアーに参加することができます。

アンテロープキャニオンツアー5

ロウアーツアーは急な階段あり

ロウアーツアーは、地面の裂け目を潜っていきます。そのため地面に潜る時と地表に出てくる時に、急な階段を上り下りする必要があります。この階段がかなり急で怖いです。。。
アンテロープキャニオンツアー6

私が参加したツアーには4歳くらいの子供もいましたが、階段下りにかなり苦労していました。小さいお子さんがいる方や足腰の悪い方は、アッパーをおすすめします。急な階段を上り下りして、探検家気分を味わいたい方はロウアーがおすすめです。

チェックポイント

  • 小さいお子さんがいる方や足腰の悪い方は、アッパー
  • 探検家気分を味わいたい方はロウアー

アンテロープ・キャニオンツアー参加にあたり、気を付けるポイント

2回アンテロープキャニオンに行った経験から、ツアーに参加するにあたり、気を付けるポイントをまとめてみました。

参考にしてみてください!

レーザービームを見られる時間帯は正午前後のみ

レーザービームを見ることができる時間帯は正午前後のみです

これは要注意ポイントです!しかも時期は7~9月上旬と時期も限られています。

はじめてアッパーツアーに参加したときは、全く調べていなかったので、9月、しかも15時頃のツアーだったためレーザービームを見ることができませんでした。。。ガッカリしたのを今でも覚えています。。。まあ普通に考えれば、頭上の岩の隙間から光が差し込む必要があるので、時期と時間は重要ですよね。。。

ただ、この正午前後のツアーは超人気です。早めに予約することをおすすめします。例え予約が取れなかったとしても、諦めずに日々予約状況をチェックしてみてください。直前に団体客がごっそり予約をキャンセルすることが結構あります

砂埃がすごい。気になる人はマスク必須

アンテロープキャニオンツアー7

狭い空間の中で多くの人が歩き回っているので、砂が舞っています。

現地のほとんどのガイドさんは、口元にバンダナをまいてます。気になる方はバンダナやマスク等の口を覆えるものを持っていった方が良いかもしれません。

           
   
日本製 PM2.5対応
超快適マスク(unicharm)
SPEC

内容量
30 枚

Amazonで見る

足元が不安定。スニーカー必須

砂漠地帯を歩くため、サンダル&ヒールはNGです!

ロウアーでは急な階段を上り下りするため、歩きやすいスニーカーをおすすめします。

           
   
Amazonで大人気!
ニューバランス(MRL996)
SPEC

メイン素材
スエード
ヒールの高さ
2.5 cm

Amazonで見る

国立公園ではないので、パスは使えない

アンテロープ・キャニオンは国立公園ではないため、アメリカ国立公園年間パスは使うことができません。

ツアーに参加しないと入ることのできない場所のため、別途ツアー参加料金が必要となります。ツアーによって値段設定が異なるため、事前に調べましょう。現地ツアーであれば、一般的に1人当たり50ドル前後です。運営会社によっても異なるため値段はチェックしましょう。

まとめ

滞在時間が長いのであれば、アッパー、ロウアーどちらも参加することをお勧めしますが、時間がないのであれば、ロウアーをおすすめします。